6年目の野反湖。


8/17

3日目

夜中に目が覚めて、ふと気になった。

「音がしない。」

「いや、音が無い。」

雨は降っているのだが霧雨だし、寒すぎるのか虫の鳴く声がしない。

寝袋に包まり直すのに、布と擦れる音だけしか自分の存在を証明できないようだ。

そんな事を頭のどこかで考えながら、いつの間にか朝を迎えた。




c0295792_16420125.jpg
c0295792_16423527.jpg



曇ってはいるが雨は降っていない。

雲が薄いのか、東の空の雲が明るい。

今朝もツツジ見晴。

出来る事ならエビ平とかカモシカ淵あたりまで足を伸ばしたいところだが、この水量だと湖岸伝いでは行けないだろう。

そうすると、藪漕ぎしなくちゃ行けないんだろうな。

前に、痛い目にあってるから、今回は遠慮しておこう。

で、暫し修業。

暫くすると、4人のフライマンが登場。

ご年配の方が挨拶に来てくれて、一緒に振ることに。

皆さんニシブタワンドが好きなのか、バックが無くてキツキツなのに、そちらに向けて並んで投げてます。

俺的な実績では放水口方面、対岸方向に投げた方がヒット率は高いように思います。


c0295792_17050001.jpg
c0295792_17051704.jpg
c0295792_17053697.jpg



そして、来ちゃいました。

20㎝upと小さめですが、嬉しい一匹。

何とか背中のブルーを綺麗に撮りたいと思うのですが、うまくいきません。

そして続けてヒット。



c0295792_17060338.jpg
c0295792_17061704.jpg
c0295792_17062870.jpg



これは引きも強くてリールファイトでやっとキャッチした43㎝。

肉眼では背中のブルーがとっても綺麗なんだけどなあ。



c0295792_17064563.jpg




この後、昼まで投げ続けましたがタイムアップ。

夕飯に間に合うように家へ帰ります。

今年は水量も多く、天候に恵まれませんでしたが、楽しく釣りが出来ました。

また来年です。






アクセスしていただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしかったらポチってください。



にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]

# by miyaoyaji | 2017-08-19 17:34 | 渓流 | Comments(0)

6年目の野反湖。


8/16

2日目

何だか、ずーっと雨が降ってる。

ベストも雨具も濡れたまま。

すっかり明るくなってから動き出す。

今日の朝からツツジ見晴で投げる。


c0295792_16331315.jpg


ここも、立ち込むスペースが狭く、後ろが厳しい。

すでに、2人のルアーマンと1人のフライマンが投げていた。

どうも釣れてる感じは無い。

ここで昼過ぎまで粘るも、誰も当たりは無く、昼飯に引き揚げます。

またも体が濡れてジメジメ。

着替えて、昼飯用のお湯を沸かしながら金麦。

そして昼寝。

気温がどうも20℃前後のようで肌寒い。

寝袋が気持ち良くってうっかり寝すぎ。

15時を回っちゃった。

後、2時間は投げれるかな。

着替えてツツジ見晴へ。

ロッドはロールキャストでも距離を稼げるように#5/6スイッチから#8のダブルにチェンジ。

またも修業です。

あきらめかけて、ぼちぼち帰ろうかなって思ってた時、きちゃうんですねぇ。


c0295792_16473454.jpg



メジャーを忘れて測れなかったけど掌を広げた2つ分より大きい。

40upってとこかな。

釣り人の性っとでも言おうか、ジメジメも、グチャグチャも、寒さも、腰やヒザの痛さも、みーんなぶっ飛ばしてくれるのがこの一匹だったりするんだよなぁ。

もうロッキー張りのガッツポーズで嬉しかったー。

今日はシャワーを浴びてさっぱりモードからの金麦で乾杯。

嬉しくって2本飲んじゃってへべれけからの爆睡。

だけど、夜中のトイレは年寄りの証。






アクセスしていただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしかったらポチってください。



にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]

# by miyaoyaji | 2017-08-18 17:08 | 渓流 | Comments(0)

6年目の野反湖。


8/15

1日目

夏休み前半のお盆行事も終え、早めに就寝。

心は小学生の遠足前。

もう、ウキウキで寝られるもんじゃない。

去年は休みのタイミングが悪くて行けなかったけど、自分探しのフィッシングキャンプは必要だよね。(と、自分では思う。)

0時に出発。

H信で食料を買い出し、オール下道で野反湖までR17回りで走ります。

志賀高原ルートもあるけど、夜間通行止めの時があるから三国を越えます。

時折、雨の降る中、野反湖は晴れている事を願って、赤色パトランプが眩しく、ゆっくり山間部を走る車の後をついていきます。

富士見峠茶屋に着くも真っ白で何も見えず、取りあえず、明るくなるまで仮眠。

ここで、車中泊仕様にしたこの車のありがたさが分かります。

明るくなって来たけど、周りは真っ白、細かい雨が降っています。

釣券を買って、まずは放水口へ。


c0295792_09233012.jpg
c0295792_09250541.jpg

なんだか、めちゃくちゃ水位が高いし、立ち込む場所が無い。

浅い場所を探して入るんだけどバックがキツイ。

(自慢じゃないけどスペイ下手クソだぞ俺。)

何本かフライをロストしながらもキャストを続けましたが反応無し。



c0295792_09373158.jpg
c0295792_09374434.jpg



昼まで修業。

c0295792_09403497.jpg
すでに防水のヘタった雨具の為、肩口からグショグショ。

着替えて、昼飯の為に駐車場でセッティング。(ってほどのもんじゃないけどね。)

で、お約束の金麦なんか飲んじゃったからここで睡魔がドーンと押し寄せてきた。

しばし意識不明に。

午後からは、多分ワラビ平あたりだと思う場所で投げてみるも、木端微塵。

初日はノーヒットで終了。

夕ご飯は、雨の為セッティングが出来ず、リアゲートを開けたままお湯沸かし。



c0295792_10085183.jpg



料理下手な私には、これが限界です。(レトルト万歳!)



アクセスしていただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしかったらポチってください。



にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]

# by miyaoyaji | 2017-08-18 10:12 | 渓流 | Comments(0)

初めての渓。


8/5

梅雨も明け、ますます暑さが厳しくなって来たこの頃。

「さて、どこへ行こうか…。」

アブもひどくなって来たし、体力も落ちてるし。

流れ出しも変わっちゃって釣れそうもない銀山でも行ってみっかぁ。

運転しながらふと思う。

「北ノ岐だけが銀山じゃねえ、まだいっぱい川あるじゃん。」

そうだよ、こりゃあ行ってみるべー。




c0295792_13341463.jpg
で、更に奥まで走ってみます。

橋のたもとに車を止め、登山(沢登)の方たちとお話。

ゲートを越えて入渓できそうな場所を探して歩きます





c0295792_13341544.jpg



c0295792_13341778.jpg

なんとか下りれそうな場所を見つけて入渓。

本当は、出合いで入り込んでくる大物狙いだったのですが、流木が酷いのと、出合いまで行くのに大変そうだったので釣り上ることにします。




c0295792_13341850.jpg

平瀬と淵が交互に現れ、川幅も広めで楽に振り込めます。

淵からの流れ出しから追いかけてくわえてくれた一匹目がこいつ。



c0295792_13342014.jpg

ヤセていますが34㎝のイワナ。

この後も、何匹かチェイス。




c0295792_13342105.jpg


c0295792_13342391.jpg


なだらかな流れが続いたと思ったら崖をよじ登ったり、胸まで浸かって淵を越えたり、ちょっと大変だけど楽しい。

アブの大群に襲われて虫よけスプレーを慌てて出して吹きまくったり。

先行者が居たようなので反応はいまいちでしたが、それなりに釣れて楽しめました。




c0295792_13342453.jpg


時間も昼になったので、この淵までで終了。




c0295792_13342523.jpg



脇の沢を上って道に出ます。





c0295792_13342779.jpg

ここはしんどかった。

流れ伝いに道があるので、更に上流も行けそうですね。

ひとまず、銀山平に戻って一休み。

今年は、ここもアブが多いようです。

何ヶ所か刺され痒みが…。

北ノ岐出合いに行ってみます。

平らになってた#16の淵周辺もユンボが入ったようで流れが変わってました。






c0295792_13360030.jpg


c0295792_13360183.jpg



常連さんが釣り上げたようですが、私は無反応で終了。

その日の夜中にトイレに行くのに立ち上がろうとしてモモが痙攣して動けなくなりました。

ジジイってこうゆう事なんだなぁ。



c0295792_13360386.jpg
アクセスしていただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしかったらポチってください。



にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村



[PR]

# by miyaoyaji | 2017-08-06 14:56 | 渓流 | Comments(0)

温泉だったらなあ。


7/30

渓流に着いて車を止めたとたん、猛攻撃に合う。

エンジンを止め、暫く息をひそめる。

車内で着替え、奴らの数が少なくなったのを見計らって、そーっと出てみる。



c0295792_18521075.jpg



どうやら大丈夫のようだ。

だが流れの方はそうじゃなかった。

ふと、ドリフのあの名曲が頭を回り出す。

熱くないからビバノンノン!じゃないけどね。





c0295792_17143815.jpg


c0295792_17144040.jpg


c0295792_17144117.jpg




これはキツイなぁ。



c0295792_17144309.jpg



この辺当たりから濁りがきつく入ってるようだ。

ここを過ぎてしまえば、多少川底が白くても、水は濁っていない。

そうなれば、チビだけど反応してくれた。



c0295792_17144489.jpg


c0295792_17144661.jpg



堰堤まで行ったが流れが大分変わってしまって、私的には面白い流れだと思う。

で、堰堤にコンクリートのデカイブロックが居座っていた。

いったい何処から来たんじゃい?





c0295792_17144739.jpg
アクセスしていただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしかったらポチってください。



にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村



[PR]

# by miyaoyaji | 2017-07-30 17:10 | 渓流 | Comments(0)
line

おやじのフライ釣行記


by miyaoyaji
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31